読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

talkingdoll

カメラとへんてこなものを愛するフリーランス。カメラ、映画、へんてこなどのネタをつぶやきます。

「逃げる側」が怖さをひきたてる「モーテル」

モーテル」を観た。この映画、こわっ!

モーテル (字幕版)

モーテル

「モーテル」は2007年の作品だ。ジャンルとしては、サイコホラーになるだろうか。

見知らぬ町で車が故障、やむをえず泊まることにしたモーテルが実は・・・という物語である。

トーリー展開は王道中の王道だが、この作品、かなり怖い。残虐な怖さではなく、精神的にじわじわとくる怖さが抜群なのだ。


Vacancy Trailer


これは海外版のトレーラーなのだが、字幕なしでもその雰囲気は伝わると思う。いいですよ、これ!

モーテル (字幕版)

モーテル (字幕版)

 

 

「逃げる側」が怖さをひきたてる

この作品の面白いところは、逃げる側の描写が秀逸で、それによって敵の怖さが何倍にも膨れ上がっているところだろう。

鑑賞後に振り返ってみると、敵の攻撃シーンがほとんどないことに驚く。具体的にどのぐらいの強さなのかもよく分からないし、見た目も普通だ。

だが、すごく怖いのだ。

ホラーは受け手(怖がる側)が重要なポイントだが、この映画はほぼそれだけで成り立っているといってもいいだろう。低予算映画だが、素晴らしいつくりの映画だ。

派手さはないが、安心してみられる作品だ(ホラーで安心というのも変な話だが)。

広告