読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

talkingdoll

カメラとへんてこなものを愛するフリーランス。カメラ、映画、へんてこなどのネタをつぶやきます。

ドールの服は、しまむらの服より高い

先日、ドールを購入して以来、いろいろと手を入れている。

doll3.hateblo.jp

最近は、服を選ぼうとあれこれ探しているのだが、それにしてもドールの服を見ていると感覚が麻痺してしまう。小さいのにけっこう高いのだ。いや、「小さいから高い」が正しいのかもしれない。

ドールの服は、しまむらの服より高い!

こんな比較をすると、ドールを愛する方々には怒られるかもしれないが、ドールの服は下手すると人間の服より高い。というか、しまむらの服より間違いなく高い

たとえばこのブライスの服だ。

(ドーリア)Dollia ブライス 1/6ドール用 アウトフィット ライオン ラグランTシャツ ネオブライス ドール 人形 (Tシャツ)

このライオンの服だけでも、3680円だぜ。これはシャツだけの値段だ。
スカートも帽子も別売りだ。

(ドーリア)Dollia ブライス 1/6ドール用 アウトフィット プリーツ スカート ブルー サロペットスカート ネオブライス ドール 人形 (スカート)

ちなみにこのスカートは5000円オーバーだ。メーカーによって価格は様々であるが、首から足先までで20cmあるかないかぐらいのサイズといえば、小ささがわかるだろう。

ヤフオク!を見ると、ハンドメイドで作家さんが作ったものが多数あり、これよりは安いものも多いが、基本的にしまむらの人間服のほうが安い

目が麻痺してくる

だが、ドール服をいろいろと見ていると、だんだんと価格を見る目が人間服基準ではなく、ドール服基準になってくる。価格に対する感覚が麻痺してくるのだ。

これが等身大のドールだと、人間の服が使えるので服選びは楽になるらしい。

等身大ドールに手を出すつもりはないが、そういえばワタクシは以前、等身大のマネキンを持っていたことがある。当時持っていたものとはデザインが違うが、イメージ的にはこんな感じのものだ。

 

女性用マネキンG-7 等身大176cm 全身マネキン婦人用 店舗用品 MK-2727

趣味で買ったわけではなく、ディスプレイ用に買ったわけだが、170cm以上あるのでド迫力だった。ふだんは服を着せておくわけだが、こちらは人間服でいいのでかなり楽だった。売却するときはヤフオクを使ったのだが、送るのが大変だった覚えがある。材質が石膏(?)のようなもので、欠けたり割れたりしないように包むのが本当に大変だった。確か買った時も、指が割れていて交換してもらった覚えがある。

それはさておき

ドール服である。自作する手もあり、本もけっこう出ている。たとえば初心者にオススメの本にこういったものもある。

てぬいのドール・コーディネイト・レシピ すぐできるフェルトのお洋服 (Dolly*Dolly Books)

てぬいのドール・コーディネイト・レシピ すぐできるフェルトのお洋服 (Dolly*Dolly Books)

 

これを読むと、いちばん簡単なものなら頑張れば自分でもできそうな気もする。ただ、おそらく「すぐ」はできないだろう。あれこれと苦戦しそうである。

そうした手間やかかる時間を考えると、買った方が安いのかなあと思ってしまうのである。

doll3.hateblo.jp

 

広告