読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

talkingdoll

カメラとへんてこなものを愛するフリーランス。カメラ、映画、へんてこなどのネタをつぶやきます。

「エスター」を観た

「エスター」を観た。2度目の鑑賞である。

エスター (字幕版)

エスター

2度目の鑑賞なので、展開もクライマックスも知っているわけだが、あらためてみても、よくできた作品だと思う。

出だしの5~10分ほどはちょっとどうかと思うが、全体の雰囲気づくり、テンポのよさ、構成の見事さなど、どれも本当に素晴らしい。


Orphan - Trailer HD

これは海外版のトレーラーだが、なんという不気味さ、なんという空気感である。

ホラー映画やサスペンス映画の場合、ワタクシは日本版の予告ではなく、海外版のものをよくみる。

「日本向け」の改変(ミスリードを含む)もされていないし、日本語に引っ張られずに、作品の雰囲気を味わえるように思うからだ。

 

エスター (字幕版)

エスター (字幕版)

 

 

「何かが起こる前」

「怖い映画」は例外なく、「何かが起こる前」の雰囲気作りがうまい。エスターはこの点も抜群だ。

もちろん、その起こる「何か」も重要だが、そこに至るまでの過程がうまくできていると、たとえ「起こること」がたいしたことのない場合でも、存分に怖くなる。

まあ、ワタクシは観る側なので、好き勝手に言えるが、作る側は相当に大変だと思う。

さんざん引っぱっておいて「出てきたのがこれかよ!」みたいになってしまうこともあるしなあ。

次回につづく

広告