読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

talkingdoll

カメラとへんてこなものを愛するフリーランス。カメラ、映画、へんてこなどのネタをつぶやきます。

「弱虫ペダル Re:ROAD」と「劇場版 弱虫ペダル」を見た

弱虫ペダル Re:ROAD」と「劇場版 弱虫ペダル」を見た。

弱虫ペダル Re:ROAD

弱虫ペダル Re:ROAD

こちらは、テレビ放送分の総集編にプラスアルファの内容になっている。

2期の名シーンとともに、テレビでは放送されなかったエピソードが楽しめる。

よくまとまっていると思うが、これを見ると本編をまた見たくなってしまうのが困ったところだ。

特に、鳴子君の登りや、今泉君と御堂筋君の勝負は、前フリからもう一度じっくり見たいところだ。

思うこと

ただ、こういう作品のつくりは、どうなんだろうと思うことがある。

「総集編+α」というのは、アニメでよくあるスタイルらしいが、ワタクシのようなアニメに詳しくない人には、しっくりこない部分がある。

そりゃ、ワンシーンでも新しいシーンがあれば「見たい!」というのがファン心理なのだろうが、その心理をいいように利用されているんじゃないか?と思ってしまうんだよな。

まあ、これはアニメに限らず特典商法にも言えることだと思うが、どうなんだろうと思ってしまうな。

劇場版 弱虫ペダル

劇場版 弱虫ペダル

こちらは劇場版である。

総集編ではなくオリジナルストーリーだが、ファン向けの作品という印象だ。もう一度、あのキャラたちに会える的な感じとでも言おうか。

レースそのものよりも、選手たちそれぞれの姿をたのしむのが正解かもしれない。

なので、この作品で「弱虫ペダル」を知るというよりも、本編を見終わってから見るのがいいように思う。ボーナストラック的作品だ。

クセになるキャラ

弱虫ペダルは魅力的なキャラが多い。最近、ワタクシが気に入っているのは、泉田君である。


アブッ!アブッ!アブーッ!!!

自分の大胸筋に、アンディとフランクという名前をつけ、ことあるごとに「アブ!」という。

自転車をこぐときも「アブッ!アブッ!アブッ!」と言いながら前進していく。かっこいいのに、笑えてくるキャラクターである。

広告