読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

talkingdoll

カメラとへんてこなものを愛するフリーランス。カメラ、映画、へんてこなどのネタをつぶやきます。

美術をテーマにした極上ミステリー「鑑定士と顔のない依頼人」

今日は映画「鑑定士と顔のない依頼人」を紹介しよう。

鑑定士と顔のない依頼人(字幕版)

ニュー・シネマ・パラダイス」で有名なジュゼッペ・トルナトーレ監督の作品だ。

美術をテーマにした極上のミステリー


『鑑定士と顔のない依頼人』予告編

先に言っておこう。この作品は大変に面白い。

タイトルもパッケージもパッとしないが、いったん見始めたら最後まで一気である。すばらしい求心力のある作品だ。

The Best Offer

さてこの作品、例によって「鑑定士と顔のない依頼人」というのは邦題である。もとのタイトルは「The Best Offer」なので、まったく違ったものになっている。

洋画を見るときは、ぜひ原題にも注目してほしい。この作品は、最初から最後まで「The Best Offer」がキーになっている。その点に注目して鑑賞するほうが、断然面白い作品だ。

よく作りこまれた作品

この作品、登場人物がとるポーズが、芸術作品のオマージュだったりする。それが1つや2つではなく、ふんだんに盛り込まれているのだ。

もちろん知らなくても十分にたのしめるが、こうした小ネタを探すのも非常に面白い作品だ。おすすめの映画である。

 

広告