読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

talkingdoll

カメラとへんてこなものを愛するフリーランス。カメラ、映画、へんてこなどのネタをつぶやきます。

ノートってどうやって処分したらいいんだ

今年のはじめごろ、やたらと文房具にハマっていた。きっかけはノートカバーだった。

コクヨ カバーノート システミック B5 紺 A罫 40枚 ノ-653A-4

コクヨ カバーノート システミック B5 紺 A罫 40枚 ノ-653A-4

 

 そう、コクヨカバーノート システミックである。買ってみたところ、ノートが2冊持ち歩けることに感動してしまい、「ぶ、文房具って面白い・・・」とハマってしまったのだ。

文房具を買うおもしろさ

文房具に目覚めてしまったワタクシは、今度はノートを買うのがたのしくてたまらなくなった

片付けの必要性に気づいた今ならわかるのだが、文房具にハマると危険だ。1つの値段がさほど高くないこともあり、バカスカと新しいものを買ってしまう。もっと面白いものがあるんじゃないか、お、見たことのないデザインのものがあるなんてことを思いながら、文房具コーナーをのぞく。ネットで探す。次々と新しいものを買ってしまう。

そんなことをしているうちに、ほんの2ヶ月ほどですさまじい数のノートがたまってしまった。やべえ。

コクヨ キャンパスノート ドット入り罫線 5冊パック B5 B罫 30枚 ノ-3CBTX5

コクヨ キャンパスノート ドット入り罫線 5冊パック B5 B罫 30枚 ノ-3CBTX5

 

キャンパスノートも表紙のバリエーションが多いことから収集の対象になった。

ノートってどうやって処分したらいいんだ

ノートがやっかいなのは捨てにくいことだ。使ったものならいいが、まだまっさらなノートは本当に捨てにくい。

どれも使えるし、なんだかまっさらなまま捨てるのは、とてもいけないことをしているような気持ちになる。「そういうのってよくないと思う」という声が心に響く気がする。ノートは1冊の値段からしたら本よりも圧倒的に安いのはずなのに、たぶんそう言う問題ではないのだろう。

doll3.hateblo.jp

 

大変アホらしい話だが

ワタクシのよく行く文具店では、手帳シーズンのピークがすぎるとその年の手帳が大変に値下がりする。今年の1月にはキャンパスのスケジュール帳が非常に安くなったので、全種類買ってしまった。さらにはそれぞれの予備用も買ってしまった。まさに「私、バカだ・・・」である。

7月の終わりの今。それらを見てみると、使っているのは1冊だけである。ほかのノートはもう来年になれば全く使いようもないし、どうしようもないのだが、やはりまっさらなノートは捨ててはいけないような気がする

今年の片付けの最大の壁になるかもしれない。

doll3.hateblo.jp

 

広告