読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

talkingdoll

カメラとへんてこなものを愛するフリーランス。カメラ、映画、へんてこなどのネタをつぶやきます。

ファイルを削除したのにアイコンが消えない

PC

ワタクシはWindows7を使っているのだが、最近、ちょっとおかしな症状が出ていた。

ファイルを削除してもアイコンが消えないのである。

恐怖新聞(4)

消したはずなのにぃっ!

すごく気持ちの悪い症状

たとえば、テキストファイルを1つ削除したとしよう。そうすると、普通はそのアイコンも消えるよね。

だが、それが消えずに残ったままなのである。

で、それを削除しようとすると「すでに削除されています」みたいな表示が出て、アイコンはそのまま。なんとも気持ちの悪い症状なのである。

恐怖新聞(8)

どうしたら消えてくれるんだよぉっ!

いったんそのフォルダから離れると消える

いろいろといじっていたら、どうもそのフォルダからいったん離れるといいようだ。もう一度戻るとちゃんと消えている。

どういう法則なのかは分からないが、さすがにこれでは使いづらすぎてたまらないので、調べてみることにした。

原因は「並べ替え」にあった

調べてみたところ、どうやらWindows 7エクスプローラーの「並び替え」に問題があるようだ。

これが「更新日時」か「サイズ」になっていると発生するらしい。何それ、意味わかんない!並び替えはちょくちょく使っているが、こんなの初めての症状だ。

対処法は簡単

この場合は、「最新の情報に更新」をするといいらしいので、やってみたら本当になおった。何それ、意味わかんない!けど、うれしいぜ、イヤッホォォォゥ!

恐怖新聞(5)

弱点は更新だぁぁっ!

まとめ

ともあれ、なおってよかった。アイコンが消えないと、ファイル整理が本当に地獄だからなあ。

まあ、消してないものが消えるよりはいいが、突然こういう症状にあたるとあせりますな。

広告