読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

talkingdoll

カメラとへんてこなものを愛するフリーランス。カメラ、映画、へんてこなどのネタをつぶやきます。

置く場所がなければ散らからない

昨日は「置く場所があるから散らかるのでは」という話になった。その続きである。

このことについては部屋ではないのだが、車で同じような経験をしたことがある。

車にごみ箱(またはごみ袋)を置かないようにしてから、まったく散らからなくなったのである。

車にごみ箱を置かない

それまでのワタクシは、車にごみ箱を設置していた。すぐ手の届くところ、すぐ捨てられるところにつけていた。

最初に車を買って以来、ずっとそうしてきたので、置かないと決めた時はそれはもう不便だった。

たとえばガムの包み紙や飴の袋。車にごみ箱がないわけだから、家に持って帰らなくてはならない。

ポケットに入れる、飴の大袋に入れるなどして持ち帰るわけだが、これがまた美しくない上に大変にめんどくさいんだ(笑)。

そうすると、だんだんと車でガムや飴を食べなくなってくる。

で、面白いもので、そのうちに「ガムや飴を食べなくても困らない」ことに気づいてくるんだ。

「なんとなく」がなくなる

つまり、ガムや飴を「なんとなく」食べていたケースが多かったわけだ。そう、ワタクシの部屋が散らかっていた理由と一緒。なんとなく買う、なんとなく捨てられない、の「なんとなく」だ。

これと同時に、車の中に余計なモノを置くということがなくなった。たぶん自分の中で「モノを置く場所」ではなくなったのだろう(ごみ箱もそもそもで考えれば「ごみを一時的に置く場所」だ)。

ここまで書いて気づいた。そもそも車はモノを置く場所じゃない(笑)。

 

カーメイト 車用 ゴミ箱  スマートボトル ブラック シリコン DZ379

カーメイト 車用 ゴミ箱 スマートボトル ブラック シリコン DZ379

 
カーメイト 車用 ゴミ箱 スマートボトル シリコン ホワイト DZ380

カーメイト 車用 ゴミ箱 スマートボトル シリコン ホワイト DZ380

 

 

広告