読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

talkingdoll

カメラとへんてこなものを愛するフリーランス。カメラ、映画、へんてこなどのネタをつぶやきます。

こりゃあ面白い!「ブロブ/宇宙からの不明物体」

ブロブ/宇宙からの不明物体」を観た。

ブロブ (字幕版)

まいった、こりゃあ面白い!

みよ!この素晴らしい予告編を


『ブロブ 宇宙からの不明物体』 予告編 日本版 コロンビア(トライスター)

 

上に挙げたパッケージ、予告編をみていただければ分かるだろう。古い映画である。1988年の作品だから今から30年ほど前の作品になる(ちなみに日本での公開は1989年)。

時代という制約がつくる「怖さ」

今の技術と比べれば稚拙に見える部分もあるが、それでもこの映画、相当に怖い。上の予告編では38秒あたり~のシーンをぜひみてほしい。

男が流しに吸い込まれるシーンだが、おそらく今の時代であればCGを使い、もっと凝ったアングルにするのではないかと思う。

だが、凝っていないアングルだからこそ、この流し台のシーンは生々しさと尋常でない恐ろしさがある。恐ろしいものをみてしまった・・・という目撃者そのものな気分になる。

本編は予告編以上に、素晴らしいシーンのオンパレードだ。技術的にはVFXメインだが、異様な生々しさがある。素晴らしいですぞ、この作品は。

ブロブ (字幕版)

ブロブ (字幕版)

 

 

スティーブ・マックィーンの人喰いアメーバの恐怖

今回紹介している「ブロブ」、実はリメイク版である。もとは1958年の「人喰いアメーバの恐怖」である。


Trailer - The Blob (1958)

なんとスティーブ・マックイーンの初主演作品である。予告をみてみると、スティーブ・マックイーンの圧倒的な存在感に驚かされる。

ちなみにこの作品、日本ではタイトルがいくつかあって「スティーブ・マックィーンの人喰いアメーバの恐怖」「SF人喰いアメーバの恐怖」「マックィーンの絶対の危機(ピンチ)」と、媒体によって少しずつ違っている。

マックィーンの絶対の危機(ピンチ)-デジタルリマスター版- [DVD]

マックィーンの絶対の危機(ピンチ)-デジタルリマスター版- [DVD]

 

 

まとめ

ブロブ」のパッケージは、みるからに地雷っぽくみえるが、ぜひ勇気を持ってみてみてほしい。

パニックホラーに欲しい要素が全部盛りの非常にぜいたくな作品だ。もちろん、無駄にいちゃつくカップルが悲惨な目に合うというお決まりもしっかりマークしている。

おすすめの作品だ。

 

ブロブ (字幕版)

ブロブ (字幕版)

 

 

 

広告