読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

talkingdoll

カメラとへんてこなものを愛するフリーランス。カメラ、映画、へんてこなどのネタをつぶやきます。

プリンタ話

今回もプリンタ話。

今はbrotherのプリンタを使っているワタクシだが、それまで使っていたのはCanonのMG6330である。

Canon インクジェット複合機 PIXUS MG6330 ブラック

ワタクシはPCを買って以来、ずっとCanonのプリンタを使ってきたが、「Canonのプリンタはもういいや」と思った機種である。

なんというか「無駄に」という要素が多すぎるのだ。

「無駄に」が詰まった機種

印刷するまでに無駄に時間がかかり、無駄にインクを消費し、無駄にボディが光る・・・さっぱり意味がわからない機種である。

そして、とにかく音が大きい。ガタンゴトンガタタン、ガガッ、ウイーウイーと、アイドリング音がめちゃくちゃやかましいのよ。これがまた長いんだ。

やっと印刷が始まったと思ったら、今度は振動だ。めちゃくちゃ揺れるんだ、この機種。

1枚印刷するだけでも、本当にストレスがたまる・・・そんな機種だった。

 

Canon インクジェット複合機 PIXUS MG6330 ブラック

Canon インクジェット複合機 PIXUS MG6330 ブラック

 

 

インクコスト

Canonのプリンタをずっと使い続けてきたワタクシだが、インクコストに関しては悪化の一途だ。

ある時期から「プリンタ本体よりインクで稼ぐ」という方向にシフトしたのはわかるが、さすがにMG6330で「もういいや」と思った。

普通に消費するんならまだいいんだ。だけど、ちっともそうではないのである。

アイドリング中に「インクがなくなりました」

アイドリング中はインクを消費するのだが、MG6330は本当にひどかった。どういう仕組みかはわからないが、アイドリングの長さが変動するんだよね。

ワタクシの場合は、4~5分ぐらいアイドリングされたこともあったし、アイドリング中に「インクがなくなりました」って表示が出たこともあった。

まったくもって、「なんというクソ仕様・・・・」という話である。

ip4600

Canon PIXUS インクジェットプリンタ iP4600

 

上で書いたMG6330はストレスがたまる仕様だったが、実はワタクシにとっては「まだマシ」なほうの機種だった。

その前のip4600はもっとひどかったんだ(インク消費では、MG6330がダントツだが)。

ワタクシが使ってきたCanon機では、このあたりからインクが露骨に小さくなり、アイドリングにアホみたいな時間がかかるようになった。

この前の機種まではよかったんだけどなあ。

長いことCanonのプリンタを使ってきたが、「なんとかしてインクを買わせよう」みたいな『いやらしさ』はちょっと・・・というわけだ。

 

広告