読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

talkingdoll

カメラとへんてこなものを愛するフリーランス。カメラ、映画、へんてこなどのネタをつぶやきます。

brotherのプリンタを使い始めて10ヶ月ほどたった その1

Canonのプリンタからbrotherのプリンタに変えて10ヶ月ほど経った。非常に満足している。

brother プリンター A4 インクジェット複合機 PRIVIO DCP-J963N-W ホワイト 両面印刷/有線・無線LAN/レーベル印刷/ADF

使っているのはJ963Nで、brotherのプリンタの中ではBASICクラスにあたるものだ。

買う時にグレードが上のものと迷ったが、実際に使ってみるとこのクラスでも十分にいい。

 

 

インクコスト

これまで10ヶ月ほど使ったJ963Nだが、インクコストはかなりいい。

ほぼ毎日使っているが、これまでインク交換は黒2回、そのほかの色が1回だけである。いずれも替えたばかりなので、どの色もほぼ満タンに近い量が入っている。

肝心の印刷頻度だが、ほぼ毎日何らかの印刷しており、一度でA4サイズ数十枚を印刷することも少なくない。この間には年賀状印刷もしている。

それで、この交換回数であれば、上々ではないだろうか。

brother 純正インクカートリッジ 4色パック LC211-4PK

純正インクも常識的な値段だ。以前からのbrotherユーザーに言わせれば、これでも高くなったそうだが、ワタクシのような他社からの移籍組にとってはかなり良心的な価格だ。

1本買えば相当に長持ちするし、非常にコストパフォーマンスがいいように思う。

インクの持ちがすごい

J963Nはインクの残りが少なくなると教えてくれるのだが、その案内が出てからも非常に長く持つ。最初は冗談抜きで「これ、永久になくならないのでは」と思ってしまったぐらいだ。アイドリングでインクを消費しないのもいい。

次回につづく。

広告