読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

talkingdoll

カメラとへんてこなものを愛するフリーランス。カメラ、映画、へんてこなどのネタをつぶやきます。

他人のことってそんなに気になるのかなあ

ネットをみていると、やたらと人の動向を監視というかチェックしている人がいる。

ワタクシはこういうのが不思議でしょうがないのだが、他人のことってそんなに気になるのかなあ。

普通とそうでないところの境目

長く会っていない人のことを、ふと思い出して「今どうしているのかなあ」と思うことはあるだろう。

だが、そういうのだって「たまに」が普通じゃないのか?

すぐに会える相手でも、親しい相手なら「今何してんのかな?」とふと気になることもあるだろう。

だけど、何をしているのかが、ずーっと気になるものなのか?

ワタクシには、こういった感覚がさっぱりわからない。

「気になるようになる」のか?

SNSのことを「相互監視ツール」という人がいる。

その言葉が適切かどうかはさておき、いったん人の動向を気にする習慣がついてしまうと、SNS以外の場所でもそうなってしまっているのだろうか。

というのも、最近そう思うようなことに遭遇したのである。

ワタクシはSNSをやっていないのだが、「近況知ってますよ?」みたいに言われて、ぞぞーっときた。

なんで!?あんたに教えてないじゃん、言ってないじゃん、どこから聞くのよ、それ、こわっ!と思った。

気にして何になるのか

なんというかな、ある時期を境に、人のこういう部分がどばっと出てきてしまったように思う。

もともとそういう性質があったのかもしれないが、前はまだ隠せていたと思うのな。今は歯止めが効かなくなってきたような気がしますな。

人にもよるのだろうが、ワタクシの場合は、いやしさやいやらしさが見えてしまうのはちょっと・・・と思ってしまうのだ。

広告