読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

talkingdoll

カメラとへんてこなものを愛するフリーランス。カメラ、映画、へんてこなどのネタをつぶやきます。

本に書き込みをしながら読んでみた その2

「本に書き込みをしながら読んでみた話」の続きである。

ブックオフで108円の新書を買う

今回、これ用にブックオフで108円の本を買ってきた。こういうときにブックオフの新書コーナーは便利ですなあ。

そうそう、ここでいう「新書」は新しい本という意味ではなく、岩波新書とか中公新書とか講談社現代新書とかのこと。

たとえばこんな感じの本だ。

知的生産の技術 (岩波新書)

縦長サイズでちょっと薄めの本。この類の本が並んでいるのが新書コーナーだ。

だから、新書を読みなさい

どうでもいい話だが、この本はハズした感があるよな。

せっかくだから

新書は様々な出版社から出ている。新書というと、昨今はうさんくさいものやタレント本が多くなってしまったが、探してみると良書も多い。ブックオフにあるかどうかは別だが・・・。

ちなみにワタクシの行くブックオフにはこの本がよく置いてある。

やめないよ (新潮新書)

新書さがし

まあ、本当にいい本を探すのなら、書店で定価のものを探せばいいのだが、何せ今回は線をひく練習用の本だ。是が非でも108円で済ませたいのである。

ブックオフの新書コーナーをみると、いかに一発ネタで書かれた本が多いかということがわかる。

まあ、基本的に「新書はワンテーマ」というのもあるが、それにしても厳しいラインナップだ。

最初はドキドキ

そんなこんなでよさげな本を選び、実際に書き込みをしながら読んでみることにしたのだが、最初はめちゃくちゃ緊張した

「本に書き込むなんてとんでもない!」という考えのワタクシにとっては、いくら108円の本でも、本は本なのだ。

だが、勇気をふりしぼって最初の1本をひくと、面白いもので、その後はどんどんとひけるようになる。

次回につづく。

広告