読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

talkingdoll

カメラとへんてこなものを愛するフリーランス。カメラ、映画、へんてこなどのネタをつぶやきます。

ふせんはのりが残るので、本によくない

文房具

以前、ふせんはのりが残るので、本にはよくないという話を聞いたことがある。

「え、そうなの!?」と思ったが、長い間、ふせんを貼りっぱなしだった本から剥がしてみると確かにぺたぺたする。

それを知って以来、ワタクシは貼る本を選ぶようになった。

ふせんののりが残る

経年によってそうなるのか、構造上そうなるのかはわからないが、中にはページとページがくっついてしまうぐらいにのりが残ったものもあった。

具体的なデータをとったわけではないが、感覚的には100円ショップのものがそうなりやすい感じだ。

3M スリーエム 付箋 ポスト・イット ジョーブ 透明見出し 44x6mm 20枚x9色 680MSH

ぺたぺたを味わうたびに、ちゃんとしたふせんを買わなくては・・・と思うのだが、100円ショップのふせんは、枚数も多いし、面白いのも多いからなあ・・・。

本によって使い分けるのがいいかもしれない。

100円ショップのふせん

先日買った100円ショップのふせんは、のりのついている範囲が広くて非常に使いにくい。

枚数につられて買ったのだが、こうなると地獄である。捨てるのはどうかと思うし、なんとか使い切りたいところだが、まだ700枚以上も残っているこのつらさよ・・・。

切りグラフ スター・ウォーズふせん切り絵 (レディブティックシリーズno.4348)

この類の本のターゲットがわからないワタクシである。ねえ、なんでふせんである必要があるの、ねえ!

広告