読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

talkingdoll

カメラとへんてこなものを愛するフリーランス。カメラ、映画、へんてこなどのネタをつぶやきます。

アナウンサーや解説は、応援ではなくちゃんと伝えてくれ

前回のつづきである。これはプロ野球だけではないが、ワタクシがスポーツ中継をみていて不満に感じることがある。それはアナウンサーと解説者だ。

応援ではなくちゃんと伝えてくれ

目立ちたいのかなんなのか知らないが、アナウンサーはきちんと状況を伝えて、解説者はちゃんと解説してくれと心の底から思う。

ワタクシの住んでいる地域のプロ野球中継は、テレビもラジオもまったくもって酷いものである。

まずアナウンサーが相手チームのことをほとんど話さない。常に地元のチームの話ばかりである。

それも、おべんちゃらと、選手のどうでもいい話ばかりで、「なんなんだこれは」と思ってしまう。

ラジオなんか、ストライク・ボールとしか言わないことも多い上に、カウントすら言わないこともあるんだぜ。

さらには、地元チームのおべんちゃらを重ねている間に、相手チームのアウトカウントが増えている、なんてこともよくある。

解説者

解説者も強烈だ。

アナウンサーに「このピッチャーの持ち玉はなんですか?」とか「この選手、最近の成績はどうなんですか?」とか聞くんだぜ。

当然、アナウンサーもサッと答えられないわけだが、 なんか意味わからないよな。

相手があってのスポーツ

ワタクシはスポーツは世界を知るたのしさ、相手のことを知る面白さもあると思う。

マラソンなんかだと露骨だが、煽るだけ煽っておいて、日本人が上位に入らなければろくに話題にもしないのかよ!というのが、多いよなあと思う。

すごい選手から学ぶ、世界から学ぶ、広い世界を知るのって重要なことじゃないのか?と思う。

それを知れば、挑むことにもドラマが生まれるわけでさ。

少なくとも、ワタクシは「ひいきのチームはすごいねー」っていうおべんちゃら放送&報道はまったく見たくない。

まあ、だからほとんど見なくなってしまったわけだが。

広告