読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

talkingdoll

カメラとへんてこなものを愛するフリーランス。カメラ、映画、へんてこなどのネタをつぶやきます。

ドストエフスキーの「白痴」と「悪霊」

さて、ドストエフスキーの「白痴」と「悪霊」である。どう調達しようか迷っている。

白痴 (上巻) (新潮文庫)

ネットでは買わない

ワタクシはAmazonのプライム会員なので、注文すれば翌日には届くのだが、今回はネットでは買わないと決めている。

なぜなら、おそらくワタクシのクジ運もあると思うのだが、ネットで文庫本を買って当たった試しがないのである。

新品で買っても、なぜかとんでもない状態のものにしか出会わないのである。靴で踏んだような跡がついたのも来たことがあったなあ。

他の本では問題ないのに、なぜか文庫本に限ってそうなのだ。

まあ、おそらくハズレに当たるということに、クジ運を使っているのであろう。

そりゃあ、どれだけ当選人数の多い懸賞に応募しても当たらないわけである。

電子書籍

今、候補として考えているのは、電子書籍版である。

悪霊(上)(新潮文庫)

最初は電子書籍に抵抗があったワタクシだが、Kindle unlimitedに入って以来、その便利さにすっかりハマってしまった。

本棚もいらないし、リアルにスペースをとるわけでもない。マーカーをひくこともできるし、消すこともできる。

何よりも嬉しいのは、何冊でも持ち歩けるということだ。本好きにとってはたまらない魅力だよネ!

あと、何気に気に入っているのが、フォントサイズや行間の広さを変えられることだ。

ワタクシの場合、フォントと行間のフィーリングが合わないと、どうにも入り込めない傾向がある。

電子書籍の場合は、形式にもよるが、自分好みにカスタマイズできるのが嬉しいところだ。

さてどうするか

そんなわけで、ワタクシの中では、今のところ電子書籍が最有力候補なのだが、「カラマーゾフの兄弟」と「罪と罰」は、紙の本でそろえているので、白痴も悪霊も揃えたいなあという気持ちもある。

そもそも近隣の書店に置いてないのが、この悩みのはじまりなのである。

だったら「とりあえず電子書籍で買っておいて、紙の本を本屋で注文すればいいだろうがよ!」という話ではあるが、となると「カラマーゾフの兄弟」も「罪と罰」の電子書籍版もないと・・・など、こんなしょうもないことで迷っているワタクシである。

広告