読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

talkingdoll

カメラとへんてこなものを愛するフリーランス。カメラ、映画、へんてこなどのネタをつぶやきます。

「クライマー パタゴニアの彼方へ」を観た

先日、「クライマー パタゴニアの彼方へ」を観た。

クライマー パタゴニアの彼方へ(字幕版)

2003年に製作されたドキュメンタリー映画である。

クライマー パタゴニアの彼方へ

「クライマー パタゴニアの彼方へ」は、クライミング界の若き天才・デビッド・ラマが難攻不落の山に挑む物語だ。

それも、フリークライミングでチャレンジするというすさまじい作品だ。ドキュメンタリー映画なので、もちろん実話である。


映画『クライマー パタゴニアの彼方へ』予告編


舞台となるセロトーレは、標高だけでいえば、3000メートルを越すぐらいだが、その形状が強烈だ。

もろに垂直なのである。

その上、信じられないほどの強風が吹きまくり、上からは氷の塊が降ってくるという、絶望を山にしたらこんな感じといわんばかりの山である。

しかも、フリークライミングで挑戦するのだ。なんということを・・・という話である。

ヘルメットにつけたカメラからの映像がすごい

作品内では、ヘルメットにつけたカメラからの映像も差し込まれるのだが、これがまたすさまじい。

息遣い、臨場感がダイレクトに伝わってくる。手が映る・・・す、素手で登ってる!?

ワタクシはド素人なので、フリークライミングがそういうものかどうかはよく知らないのだが、なんかこれ、人間業じゃないなと思ってしまった。

時々、下を眺めるシーンも入るのだが、怖っ!!

ワタクシは高所恐怖症なので特にかもれないが、なぜ、平気で下をみられるんだ?普通、失神するだろ・・・と思った。人間業じゃないなと再び思ってしまった。

見やすいドキュメンタリー

デビッド・ラマと相方のペーターの人柄もあるのだろう。トゲトゲとした空気もなく、非常にみやすい作品だ。

おすすめの1本である。

 

クライマー パタゴニアの彼方へ [Blu-ray]

クライマー パタゴニアの彼方へ [Blu-ray]

 

 

広告