読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

talkingdoll

カメラとへんてこなものを愛するフリーランス。カメラ、映画、へんてこなどのネタをつぶやきます。

片づけでアホらしいミスをしてしまった

片付け

どうやらワタクシは大きなミスをしてしまったようだ。片づけのことである。

どこへしまったのかわからなくなった

ワタクシは「必要だけどすぐに使わないもの」を箱に詰めることで、片づけをすすめてきた。だが、なんともアホらしいミスをしてしまった。

どこへ何をしまったかわからないのである。

ストレージ クラフトボックス 5個セット 日本製 A4サイズ対応

この画像のような箱に入れているのだが、記録していなかったので、どの箱に何が入っているのかわからない状態だ。

なんというマヌケ・・・ワタクシである。

箱のどこかにはあるはずなのだが、いったん積んで配置を決めた箱を崩すのはけっこう大変だ。

やらかしちまたなあという感じである。

なぜ記録しなかったのか

「箱だし、中身は自由に変えるだろうし・・・」と思ったのもいけなかった。

もう1つ、しまった!という点がある。

それは、捨てたかどうかわからないモノがあるということだ。

箱に入れたような気もするし、捨てたような気もするし・・・というわけである。

写真を撮っておくのも手かもしれない

今思ったのだが、捨てるものは写真に撮っておいてもよかったかもしれない。

「捨てる」のはエンジンがかかると、勢いにのりすぎてしまうこともあるので、クールダウンの意味でも写真に撮るというのはいいかもしれないな。

差を感じるぜ

片づけの目標は達成できたものの、こんな初歩的なミスをするなんて、ワタクシはまだまだ甘いということである。

天性の片づけ好きな人との差はこういうところだろう。

部屋がすっきりして快適なのは間違いないので、今後に生かしていきたいところである。

広告