読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

talkingdoll

カメラとへんてこなものを愛するフリーランス。カメラ、映画、へんてこなどのネタをつぶやきます。

DCP-J963Nについて その2

PC プリンター

昨日の記事に引き続き、brotherのプリンタ DCP-J963Nについてである。

brother プリンター A4 インクジェット複合機 PRIVIO DCP-J963N-W ホワイト 両面印刷/有線・無線LAN/レーベル印刷/ADF

昨日はよかった点を書いたので、今回は気になる点を書いてみよう。

転送速度

まず、DCP-J963Nで気になる点は、PCから印刷をする時のことだ。

「印刷」をクリックしてから、印刷が開始されるまでにけっこうな間がある。

この間が長めで「あれ、印刷をクリックしたのになあ」と、ちょっと心配になることがある。

ちなみにワタクシはUSB接続で使っているので、WiFiの場合は違うかもしれない。

ちなみに、本体タッチパネルからの印刷は即時に開始される。

イラストや写真の印刷

イラストや写真の印刷にはあまり強くない印象だ。

デフォルト設定のまま印刷すると、色合いがやや地味に出る感じだ。

これを変えるには、プリンタの設定をいじるわけだが、思い通りの設定にするには試行錯誤が必要だ。

夜中に突然動き出す

スイッチを切ったはずなのに、突然「キュキュキュキュ」と動きだすことがある。
インクを固まらせないための処理らしいが、夜中に突然動き出すと、かなりビビる。ホラー映画を見ている時なんかは失神しそうになる。

まとめ

けっこうヘビーに使っているのだが、ワタクシ的には大満足である。

イラストや写真もそこそこキレイではあるので、用途にあっていれば非常にお買い得なプリンタではないだろうか。

ただ、外観はとてもプラスチッキーだ。なんかよくわからないところが光ったりもしない。機能優先といったふうなので、外観に高級感を求める人には厳しいかもしれない。

広告