読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

talkingdoll

カメラとへんてこなものを愛するフリーランス。カメラ、映画、へんてこなどのネタをつぶやきます。

マウスを買いかえるときが来たようだ

ずっと使い続けてきたPCのマウスだがそろそろ限界のようだ。

ドラッグすると勝手にとぎれる、クリックするとダブルクリックになる、ポインタが飛ぶなど、大変によろしくない状態だ。

自分に合ったマウス

ワタクシはどうも小さめのマウスが合っているようだ。

以前、こういうマウスを買ったことがある。

 

エレコム 有線マウス BlueLED 5ボタン Lサイズ ブラック M-XG2UBBK

解説を読むと

マウス操作時に最も使用頻度の高い親指と薬指に着目し、基節骨、母子内転筋・短母子外転筋、中節骨、中手骨の4つのポイントになじむ形状に設計しています。

という、なにやらこだわって設計されたマウスである。

PC作業の多いワタクシは喜んで飛びついたわけだが、結果は・・・であった。

よく出来たマウスなのである。だが、ワタクシにとっては出来すぎているマウスだと感じてしまったのだ。

言うなれば、生チョコよりも普通のチョコレートのほうが好き、みたいな感覚だ。

もっとテキトーなマウスのほうがワタクシは使いやすい。

実際に触ってみないとわからない

このときにワタクシが思ったのは、マウスは評判だけで選んだらいけないなあということだった。

モノ自体はよくても、実際に触ってみないと、合うかどうかは分からないという、当たり前すぎることに気づいたのである。

一体型マウス

エレコム ワイヤレスマウス 約2.5年電池交換不要 省電力 3ボタン ピンク M-FIR08DRPN

こういうデザインもマウスも興味があるのだが、気になる点がある。

それは、ボディとクリックするボタンが一体成型されているという点だ。

一体成型のものはいくつか使ったことがあるが、使っていくうちにだんだんとボタンが重くなってくるものが多いように思う。

以前、それを使い続けて、人差し指の関節に負担がきて、失神しそうな目にあったことがある。

そんなことになる前に、さっさと変えろよという話でもあるが、フィット感がいいものはなかなか変えられないんだよな。

機能は少しでいい

最近は、小さめのマウスが気に入っている。

買うときは、店頭で試してみて決めるわけだが、近隣のお店は大きめのものしか置いてないんだよな。

今使っているものはモデルチェンジして、変わってしまったみたいだし、困ったものである。

広告