読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

talkingdoll

カメラとへんてこなものを愛するフリーランス。カメラ、映画、へんてこなどのネタをつぶやきます。

電子書籍とか小説とか

昨年の片づけで本を大量に捨ててからというもの、紙の本ってあんまりいらないなあと思うようになった。

ワタクシは電子書籍の読み放題サービスを使っているのだが、暇つぶしならこれで十分と思ってしまう。

電子書籍

昨年までワタクシは完全に「紙の本派」だった。とにかく本好き、活字好きで、本は紙のものしかありえないと思っていた。

だが、電子書籍を利用してからというもの、完全に考え方が変わってしまった。紙の本よりいいなあと思うようになったのだ。

ちいさなことだが

今までワタクシは紙の本をよく買っていたのだが、新刊を買うたびに思っていたことがある。

それは、角つぶれ、破れ、折れ、汚れなどがきつい本にあたることだ。大切にしたい本で、これをくらうと本当にがっかりする。

これは実店舗であろうと通販であろうと、あたるときはあたる。上から何冊目をとろうと関係ない。

だが、電子書籍ならそういうことは全く気にしなくていい。角つぶれとかないのはいいよね。

何冊でも持ち歩けて、いつでも読める

本好きなワタクシにとってこれは本当に嬉しい点だ。

ワタクシは、昨年まで部屋の中が本の山だらけだった。ちょっと前に買った本を探そうと思うと、それはそれは大変だった。

1でも山が崩れるとほかの山も連動して崩れてくるので、1冊取り出すのに2時間ぐらいかかったこともあった。

だが、電子書籍だったら読みたい本をすぐに読むことが出来る。これは本当に嬉しい。

しかも、どれだけ冊数があっても本の山にもならないし、部屋が散らかることもないのだ。う~ん、もう最高!である。

一般小説

気づけば、日本の一般小説は全く買わなくなった。1度、サッと目を通せば十分という本が多すぎるように思う。

なんというか、「読む」というよりも「目を通す」って感じなんだよな。話を追うだけで深みがない、いい意味でも悪い意味でも2時間ドラマ的なんだよな。

ワタクシはジャンルや作家にこだわらないほうで、今までいろいろなものを買ってきたが、さすがにこういうのばかりにあたると、値段に見合ってないなあと思ってしまう。

本が売れなくなっている理由はいろいろ言われているが、ワタクシにとってはこれが大きい。

広告