読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

talkingdoll

カメラとへんてこなものを愛するフリーランス。カメラ、映画、へんてこなどのネタをつぶやきます。

わりと微妙な安さ

ドール 買い物

先日、中古ショップでよさげなドールを見つけた。びっくりするぐらい安かったのだが、欠品物があるらしい。札に何が欠けているのかもちゃんと書いてある。

欠品物

即買いしてもいい価格だったのだが、ワタクシはそのドールの知識が全くない。念のため、よく調べてから買ったほうがよさそうだ。

ワタクシは、勢いで買って「やらかす」ことが多いので、特に気をつけなくてはいけない。

家に帰ってから調べてみると、書かれていた欠品物よりも、さらに欠けているものがあることがわかった。

その点を考慮してもいちおうは安いのだが、わりと微妙な安さであることが分かった。ブックオフで定価1,800円の本を、1,680円(使用感あり)で見つけたときのような気持ちとでもいおうか。得なのか損なのか分からない価格である。

 

おでこちゃんとニッキ バカンスのおでこちゃん

ドールには好みがある。おでこちゃんはかわいいと思うのだが、ワタクシのゾーンからは微妙にはずれている。

「くさいところはついているもののボール」という中日の小笠原孝投手のピッチングに近い感じだ。特に右打者のインハイは多かったな。

ついていないと損をした気分になる

欠品していたものは、いらないといえばいらないものなのだが、思ったより欠けているものが多いとなると、なんだか損をしたような気分になるのがワタクシである。

ちなみに、ワタクシはDVDつきの本を買っても、ほとんどDVDは見ないのだが、ついていないものを買うのはイヤというタイプだ。

特典もそうだ。いらないし、まず開封しないのだが、ついてないと損した気分になる。通常版と限定版があったら、限定版を買わないとなんだか負けたような気持ちになる。・・・まったくもってめんどくさい人である。

うさぎぃ 010

これいいなw

広告