読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

talkingdoll

カメラとへんてこなものを愛するフリーランス。カメラ、映画、へんてこなどのネタをつぶやきます。

食のことで怒ると噴飯男(フンパンマン)になるマンガ

昨日のブログで、土山しげる先生の描く食マンガの面白さを説いたばかりだが、1つ例外があった。

それは「怒りのグルメ」という作品である。

怒りのグルメ

怒りのグルメ

主人公は、左のおっさんである。このおっさん、食のことで怒ると右の姿になる

名前は噴飯男(フンパンマン)。またしても土山しげる先生お得意のダジャレである。

まずいものを出す奴らにお仕置きだ!

物語はすごく単純だ。主人公が食のことで怒ると憤飯男(フンパンマン)に変身、お仕置きをするというだけの話だ。

ちなみに、なぜ変身するのかとか、どうしてそうなったのかとかは全く説明ナシである。とりあえず「怒ったらお仕置き」という話である。

お仕置きのシーンは「魔太郎がくる!!」っぽい。

魔太郎がくる!!(1) (藤子不二雄(A)デジタルセレクション)

なんでそんなことができるんだよ!みたいなものが多い。

魔太郎といえば、こんなフィギュアもある。

VCD 浦見魔太郎 「魔太郎が来る!!」 ノンスケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア

ちょっと欲しくなるよな(ちなみにワタクシは切人のほうが好きである)。

変身はほんの少しだけ「覚悟のススメ」が入っているかもしれない。

覚悟のススメ(1) (少年チャンピオン・コミックス)

ステキすぎる表紙ですなあ。

噴飯っ

噴飯男は、まずいものを出す店、あくどい儲け方をしている店主らを必殺技でこらしめるのだが、これがまたひどい

たとえば、飲み放題のお店で見せたのは「噴飯っ 食べ砲台っ!!飲み砲台っ!!」という技である。

つけ麺のWスープのお店には「噴飯っ Wスープレックス!!」という技を見せたりと、全くもってダジャレがステキな土山しげる先生である。

土山しげる先生の描く萌えキャラも出るぞ

それにしてもである。この作品、どうもボタンを掛け間違えたというか、びっくりするほど面白くない。

しかし、ガマンして読み続けていくと、後半に土山しげる先生の描く萌えキャラが登場する。

このキャラ、「噴飯っ 萌え萌えハート地獄っ!!」という技を見せてくれるのだが、これがなかなかかわいいのである。

まあ、必殺技名からして中身はおっさんなのだが、ファンも出来てしまうのである。

このように違った意味で面白いシーンは満載なのだが、全体としてはかなり微妙な作品かもしれない。

土山しげる先生らしいところもあれば、らしくないところもある作品だ。

広告