読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

talkingdoll

カメラとへんてこなものを愛するフリーランス。カメラ、映画、へんてこなどのネタをつぶやきます。

ブログのおかげでできたこと

片付け 漫画

ブログをはじめて180日ちょっと。よく続いたものである。

ブログのおかげでできたこと

自分でも驚くのは、このブログでもたびたび書いてきたが「片づけ」である。

ブログをはじめてから、最低限のスペース以外は本の山という、えげつない環境から脱却できた。

いつ崩れてもおかしくない山々、古い本も大量にあり、なんとも不健全な部屋であった。

そんなワタクシの部屋も、今は本の山ゼロである。

まさかここまでできるとは

正直、自分でもまさかここまで片づくとは思っていなかった。

おそらく、たびたびブログに片づけのことを書いてきたからだろう。そのおかげで、常に頭のどこかに「片づけ」という意識があったように思う。

たぶん、ただ思っているだけだったら、いつまでも「片づけしたいなあ」で終わっていただろう。

最終的に2000冊以上の本を処分

ここ最近もまた本を減らして、最終的には2000冊以上の本を処分した。このブログをはじめた時から1500冊以上の本を処分したことになる。なんかすごいな。昨年の今頃には想像もつかなかった数字だ。

ドライブご飯 絶品B級グルメ編 (芳文社コミックス)

本を捨てるといっても何もかも捨てているわけではない。読み返したくなる本は、ちゃんととってある。

ドライブご飯」はワタクシのお気に入りの漫画だ。サービスエリアのグルメをテーマにした漫画である。

本の山

これだけの本を抱え込めたのは、本棚はほとんど使わず、本を積んでいたからである。

本棚を使うと余分なスペースができるが、本を積むとそうしたスペースができにくい。上手に積めば、同じスペースでも、本棚よりもかなり多くの本を置くことができるのだ。

そのかわり、下のほうや奥にある本を引っ張り出すのは地獄だったが・・・。

まとめ

本の山がなくなり、部屋の圧迫感がなくなった。大変に快適だ。

「いつか読むだろう」という本を大量に捨てたが、ちっとも困っていないのは大きな発見だ。

「その時必要なものだけを手元に置いておけばいい」ということにやっと気づいたワタクシである。

広告