読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

talkingdoll

カメラとへんてこなものを愛するフリーランス。カメラ、映画、へんてこなどのネタをつぶやきます。

「ゾンビーワールドへようこそ」を見た。

ゾンビーワールドへようこそ」を見た。

ゾンビーワールドへようこそ(字幕版)


こりゃあ、すごい。この作品を作った人は間違いなく天才だ。

ゾンビーワールドへようこそ

なんともひどい邦題やら予告編やらで、見るからに駄作臭が漂っている作品だが、これは本物だ。

テンポ、演出、カメラワーク、ぶっ飛び具合、そしてゾンビ映画に必要なものがすべて揃っている。ここまで見事にまとめられた作品をワタクシは見たことがない。

残念な予告編


ゾンビーワールドへようこそ

それにしてもだ。この作品、予告編がとてつもなく残念である。日本の予告編作りは、いったんコメディと決めつけてしまうと、「こんなおバカなやつらが」的な作り方をするんだよな。

この作品のキモは「ちゃんとホラーをしている」というところだ。きちんと恐怖とパニックを描いたところに、笑える要素が散りばめられているのだ。断じてコントみたいな作品ではないのである。

すさまじいセンス

正直、ゾンビものはもう頭打ちかと思っていたが、本当に甘かった。これだけ面白い作品を作られたら、もう脱帽である。

1つ1つの要素に関しては、決して目新しいものではない。むしろ、定番でもあるのだが、料理の仕方が本当にうまい。よくこれだけの要素をまとめあげたなあと、天才っぷりを感じるのである。

欲しい要素がすべて入っている

この作品、ゾンビものに欲しい要素がすべて入っている。

ゾンビのバリエーションも豊富で、歩くゾンビ、走るゾンビ、ねこゾンビなど、素晴らしい世界観が展開される。もちろん、死に方のバリエーションも尋常ではない。

白のタンクトップのおねえちゃんもかっこいいぞ。めまぐるしく変わるゾンビと人間の攻防はスリル満点だ。

また、伏線の張り方や回収の方が信じられないぐらいにうまい。ここまで見事な作品はそうないのではないだろうか。

宣伝や売り方でいろいろと損をしている作品だが、ワタクシにとっては100点の作品である。

広告