読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

talkingdoll

カメラとへんてこなものを愛するフリーランス。カメラ、映画、へんてこなどのネタをつぶやきます。

こりゃ面白いなあ!電話サスペンス「セルラー」

セルラーを見た。

セルラー(字幕版)

なんともB級っぽいジャケットだが、これは大当たりの映画だ。面白い!

プライム・ビデオで見てみた

今回は、Amazonプライムのプライム・ビデオで見てみた。

doll3.hateblo.jp

セルラー」はワタクシがふだん手を出さないタイプの映画だが、プライム・ビデオなら気軽に見られる。

合わないと思ったら視聴をやめて、別の映画を探せばいいからだ。

この作品もそんなつもりで見始めたのだが、開始20分ほどで一気にひきこまれてしまった。

あらすじ


セルラー(予告編)

物語は、高校教師のジェシカが誘拐されるところからはじまる。

 見知らぬ男たちに監禁される中、ジェシカはある方法で外部に電話することに成功する。電話を受けたのは、これまた見知らぬ男(チャラい)。

この電話をきっかけに物語は展開していくのだが、この映画、非常に面白い

素晴らしいエンターテイメント作品

この作品は、ジャケットのイメージとは裏腹に、エンターテイメントとして非常によく出来た作品だ。

主役のライアン(電話を受けたチャラい男)を演じるのはクリス・エヴァンスだ。そう、後のキャプテン・アメリカだ。

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

誘拐監禁モノは陰鬱な雰囲気になりやすいが、セルラーには明るさが感じられるのはクリス・エヴァンスの華によるところも大きいように思う。

ノンストップサスペンス

この映画、めちゃくちゃテンポがいい。アクセルワークが絶妙なので、とても見やすい作品だ。ラストまで飽きることなく楽しめるいい映画だ。

電話&携帯電話がキーになるのだが、使われ方が本当に面白い。まさに「携帯電話がなければ成り立たないサスペンス」だ。

本筋に関係ない部分にも電話ネタがうまく散りばめられていて、「よく出来ているなあ」と思ってしまった。

ツッコミもぶっとばすぜ!

セルラーには「いくらなんでもそりゃないだろう」というツッコミどころが少なくない。だが、それを見事にぶっとばす勢いと展開がこの映画にはある。

ジェイソン・ステイサムもいい味出しているぞ。オススメだ。

セルラー(字幕版)

セルラー(字幕版)

 

 

広告