読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

talkingdoll

カメラとへんてこなものを愛するフリーランス。カメラ、映画、へんてこなどのネタをつぶやきます。

見えている地雷を踏んでみよう「処刑女」

 「処刑女」を見た。

処刑女 [DVD]

まあ、いわゆる「見えている地雷」という奴だ。

な、なんだこの不思議な魅力は!?

ホラー映画好きは、地雷と分かっていても踏まずにはいられないタチなのである。「処刑女」もそのつもりで見始めたのだが・・・な、なんだこの映画は!不思議な魅力がある!

いや、映画としての出来は間違いなく悪いのだが、処刑女の存在感がすべてを持っていく。これはアリだ、こういう映画もアリだ。

予告編はいまいちだが


Blood Widow (2014) - Official Trailer

予告編をみてみると、まあ、なんだ、いまいちだよな。本編もそのままだ。

そこそこ映画を見ている人であれば、冒頭の数分でダメさ加減が分かるだろう。だけど、この映画、チャレンジや工夫がすごく伝わってくるのだ。このパターンは、そうだ。化ける可能性がある監督のパターンだ。

これは狙っているのか?

狙ってなのか天然なのかしらないが、見終わった時には、ちょっとめずらしいパターンのホラー映画を見たような気になった。うまく作っていればかなりのインパクトだったような気がする。つくづくもったいない映画だ。

せっかくだから俺は・・・

いまいちな映画によくある点に「行動の理由がわかりにくい」というものがある。「なぜそれをするのか?」が分からないのだ。


セガサターン デスクリムゾン オープニング

「なぜそれをするのかわからない」といえば、デスクリムゾンだ。「せっかくだから俺はこの赤の扉を選ぶぜ」で有名なゲームである。

久々に見てみたが、最初から破壊力抜群のオープニングだ。「上から来るぞ、気をつけろ」と上に逃げるシーンはもはや伝説だ。ワタクシは今でも現物を持っているぜ、ククク。

話がそれてしまったが「処刑女」もそうした謎の行動が多い。続編をにおわすような部分があったが、さてどうなるか。

広告