読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

talkingdoll

カメラとへんてこなものを愛するフリーランス。カメラ、映画、へんてこなどのネタをつぶやきます。

「戦慄病棟」作りは粗いが、パワフルなホラー映画だ

戦慄病棟」を見た。作りは粗いしツッコミどころも満載なのだが、それらを見事にふっとばすパワーのある映画だ。それにしても、だ。

あまりにひどいパッケージ

戦慄病棟 [DVD]

このパッケージデザインは史上最悪ではないだろうか。悪ノリテロップはテレビだけにしとけという話である。作品自体をぶち壊すどころか、明らかにミスリードを狙ったフレーズは悪質極まりない。

ちなみに原題は「Exeter」であることも言っておこう。

ホラー映画の新機軸

この映画、作品自体はかなり荒削りだ。だが、作品全体にパワーがあふれており、まあ、なんだ、実に面白いのだ。


Exeter Official Trailer 1 (2015) - Brittany Curran Horror Movie HD

やり方をネットでみながら悪魔祓いとか、バカバカしいことこの上ないのだが、実際にはじまってみると、これがド迫力なのだ。かなりビビるぞ、これ。

ホラー映画らしいメンバー構成

主人公たちのグループは、クズっぽいキャラクターが勢ぞろいだ。そう、ホラー映画に出てくる若者グループの王道パターンである。見た瞬間に「あ、こいつ死ぬな」というキャラクターがいるのも、まさに王道だ。

テキサス・チェーンソー コレクターズ・エディション [DVD]

監督は「テキサス・チェーンソー(2003)」のマーカス・ニスペルだ。

映画の出来

ワタクシはいつも思うのだが、「騙すような売り方」は結局は自分たちの首をしめるだけではないだろうか。

その人たちの首がしまるだけならまだいいが「作品が作品としてきちんと届かないこと」は、いずれ大きなしっぺ返しがくるような気がしてならない。

NY心霊捜査官 (字幕版)

この映画もそうだ。原題をねじまげてこんなタイトルになってしまった。「どこが心霊捜査なんだよ!」「タイトル詐欺」と言われるのは作品のほうである。

広告