読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

talkingdoll

カメラとへんてこなものを愛するフリーランス。カメラ、映画、へんてこなどのネタをつぶやきます。

秋の夜長にアナログパズル

懐かしい 食べ物 パズル

先日の匹見パズルの話に続き、今回はアナログパズルの話をしよう。

匹見パズルなどの「並べて形をつくる」系のパズルは、大変に面白いのだが、注意点がある。それは、箱から出す前に写真を撮っておいたほうがいいということだ。

 

NOB PUZZLE Longram [パズル ロングラム]

これは「ロングラム」というパズルだ。左下に写っているイエローの紙が、シルエット問題だ。これと同じ形になるように並べ替えるパズルだ。

こうしたパズルは遊び終わった後、箱にしまうのだが、これがまたパズルのように難しい。パーツの並べ方がにまずいとキレイに入らないのだ。入りそうで入らない、

ロングラム

上にあるロングラムだが、長方形になるように並べることもできる。写真でみると簡単そうだが、実際にやってみるとかなり難しい。一度ばらすと同じようにできないことも少なくない。

うまく行った時は写真に撮っておくのが鉄則だ。

さて、今日は別のアナログパズルも紹介しよう。

ご縁があったら

これも匹見パズルのシリーズで、ユニークな形状のパズルだ。

 

匹見パズル ご縁があったら

 

写真は完成形で、最初は左右のひもにそれぞれ五円玉がついている。これを写真のように1つにまとめるパズルなのだが、普通に考えると、五円玉を移動するためには木の穴の中を通すことになる。

手品グッズではないので、ちゃんとした解法があるパズルだ。アナログならではの解く楽しさを味わえるパズルだ。

手古鶴

これも匹見パズルで、こちらは詰め込むパズルだ。

匹見パズル 手古鶴 冗造酒の1

12ピースをすべてマスに詰めるパズルなのだが、ただ入れるだけではなく、内部にスキマがないように詰めなくてはならない。もちろん表面が平らにならければアウトだ。
ちなみに手古鶴は「てこづる」と読む。その読み方の通り、大変に手こずるパズルだ。

難しいパズルはちょっと・・・という人には次のパズルはどうだろう。

明治ホワイトチョコレートパズル

明治ホワイトチョコレートパズル

なんともおいしそうなパズルだ。難易度はスイート(とろける甘さ)である。気楽に遊べて、話のタネにもなるパズルだ。コレクションとして揃えるのもたのしいのではないだろうか。

明治アポロチョコレートパズル

明治アポロチョコレートパズル


あのアポロチョコレートもパズルになっている。
デジタルのゲームもいいが、こうしたアナログのパズルも遊んでみると実にたのしいものだ。

広告