読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

talkingdoll

カメラとへんてこなものを愛するフリーランス。カメラ、映画、へんてこなどのネタをつぶやきます。

クエンティン・タランティーノ「ヘイトフル・エイト」を見た

映画

ヘイトフル・エイト」を見た。

Hateful Eight [Blu-ray] [Import]

クエンティン・タランティーノ監督による作品だ。

海外版はとてもかっこいいポスターだったのに、日本版があまりにひどいことで話題にもなった作品だ。

ヘイトフル・エイト(字幕版)

日本版は全員で記念写真。

ヘイトフル・エイト

さて、ヘイトフル・エイトだが実に面白い作品だった。日本では宣伝文句に「密室ミステリ」といったフレーズを使っているが無視したほうが絶対にたのしめる。断言しよう、これはタランティーノ節をたのしむ作品だ。


THE HATEFUL EIGHT - Official Teaser Trailer - The Weinstein Company

168分の長編だが、タランティーノ監督らしさ、タランティーノ監督ならではの味が満載だ。タランティーノ作品が好きな人なら、かなりたのしめるのではないだろうか。

エンジンのかかり

ヘイトフル・エイトは、3時間近い作品だ。ワタクシはタランティーノ作品が好きなので大変に面白かったのだが、全体の構成をみると、エンジンのかかりは遅めだ。

前半はタランティーノ作品らしく会話が多く、それぞれが長めだ。

この会話がツボにはまる人には抜群に面白いと思うが、ストーリー展開はゆっくりなので、「早く何か起こってくれよ!」という人にはやや退屈かもしれない。

デス・プルーフ in グラインドハウス 」を見たことのある人は、それを思い出していただくとよいかと思う。

デス・プルーフ プレミアム・エディション [DVD]
 

映画の面白さ

さて、作品全体だが、ワタクシは存分にたのしめたが、タランティーノ作品があわない人にとってはやや厳しいかもしれない。

これは難しいところなのだが、話だけでいえば1時間以上削れると思う。だが、ファンからしたら、そこにだって「おいしいところ」がいっぱいに詰まっているのだ。

ワタクシは抜群に面白かったが、個人的には「タランティーノ作品が好きな人以外にはすすめにくいなあ」というのが正直なところだ。

映画としてはよくできているのは間違いない。ただ、「はじめてタランティーノ作品を見る」という人には、別作品を先に見てからの方がよりたのしめるように思う。

広告