読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

talkingdoll

カメラとへんてこなものを愛するフリーランス。カメラ、映画、へんてこなどのネタをつぶやきます。

巨大チェーンソーとダブルチェーンソーでレザーフェイスに立ち向かう

映画 懐かしい

悪魔のいけにえ」を見た。

悪魔のいけにえ2(完全版) [DVD]

そう、あのレザーフェイスで有名な「悪魔のいけにえ(1974)」の続編だ。

洋画の場合、続編で監督が変わって「しょんぼりな出来・・・」なんてことも多いが、これは違う。監督は、初代を作ったトビー・フーパー。そう、正当な続編である。1986年の作品だ。

復讐に燃える男がチェーンソーで立ち向かう

パッケージをみて、ワタクシは驚愕した。身内をレザーフェイス一家に殺された男が、復讐に燃える物語らしい。あろうことか、レザーフェイスにチェーンソーで立ち向かうそうだ。

…なんだろう、この感覚。ムダにロマンを感じる。これは見なければいけない。そう思ってワタクシは視聴を開始した。

まったく役に立たないヒーロー

レザーフェイスに立ち向かう男は元レンジャー(デニス・ホッパー)。

武器は、巨大チェーンソーと、ダブルチェーンソーである。いやがうえにも期待が高まる。

だが、この男、ヒロインがピンチになってもちっとも出てこないのである。

敵のアジトに乗り込み、チェーンソーのエンジンをかけて「いよいよか!?」というシーンでも、アジトの柱をひたすら切るだけ。チェーンソーの切れ味は抜群だが、見ているほうとしては大変にじれったい展開だ。「アジトを解体するために買ったのかよ!」とワタクシはずっこけそうになった。


How to buy a Chainsaw by Dennis Hopper - Texas Chainsaw Massacre 2

チェーンソーを買うシーン&試運転シーン。3:00~の試運転をみると「この男、大丈夫か?」と非常に不安な気持ちにさせられる。ちっとも強そうにみえない。

映画全体の雰囲気としては、この予告編のほうが近い。ヒロインがメインだ。


The Texas Chainsaw Massacre 2 | Trailer | 1986

初代とは違った感動がここにある

ネタバレをしない主義のワタクシとしては少々書きすぎてしまった感があるが、この先が見どころ満載なので興味のある人はぜひ本編をみてほしい。ちなみにヒロインは2でも絶叫しまくりだ。

ただ、注意したいのは、初代「悪魔のいけにえ」のが異様な迫力と尋常でない空気感を醸し出していたのと違い、続編はB級映画路線でつくられている。

トビー・フーパー監督の作品は、見終わった後にじわじわと来るおもしろさがある。そしてやたらと心に残る。なんだか不思議な作品づくりである。

 このセットはすごい。悪魔のいけにえ2とスペース・バンパイアのセットだ。スペース・バンパイアはいろんな意味ですばらしいけしからん映画で、今も根強い人気をもつ作品だ。

doll3.hateblo.jp

 

広告