読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

talkingdoll

カメラとへんてこなものを愛するフリーランス。カメラ、映画、へんてこなどのネタをつぶやきます。

主人がオオアリクイに殺されて1年が過ぎました

へんてこ 懐かしい

主人がオオアリクイに殺されて1年が過ぎました

メールの整理をしていたら、ふと昔に来た迷惑メールを思い出した。「主人がオオアリクイに殺されて1年が過ぎました」というものだ。

2006年ごろに大量に送信されたスパムメールだが、今も記憶に残っている芸術的なスパムだ。これを超えるスパムメールにはなかなか出会えない。タイトルも衝撃だが、内容も素晴らしいスパムだ。

せっかくだから引用してみよう。

件名:主人がオオアリクイに殺されて1年が過ぎました

いきなりのメール失礼します。
久光さやか、29歳の未亡人です。
お互いのニーズに合致しそうだと思い、連絡してみました。
自分のことを少し語ります。


昨年の夏、わけあって主人を亡くしました。
自分は…主人のことを…
死ぬまで何も理解していなかったのがとても悔やまれます。
主人はシンガポールに頻繁に旅行に向っていたのですが、
それは遊びの為の旅行ではなかったのです。
収入を得るために、私に内緒であんな危険な出稼ぎをしていたなんて。

一年が経過して、ようやく主人の死から立ち直ってきました。
ですが、お恥ずかしい話ですが、毎日の孤独な夜に、
身体の火照りが止まらなくなる時間も増えてきました。
主人の残した財産は莫大な額です。

つまり、謝礼は幾らでも出きますので、私の性欲を満たして欲しいのです。
お返事を頂けましたら、もっと詳しい話をしたいと考えています。
連絡、待っていますね。

 

・・・そう、もっと詳しい話をしてほしくなるメールだ。これならひっかかってもいいと思わせるほどの破壊力がある。また、多少言葉遣いに怪しいところはあれど、文面にどことなく気品が漂っている。こうしたものはにじみ出てくるものだから「ひょっとしたら本物か?」と思わせる息遣いを感じさせる文章だ。

それにしても、読めば読むほどとても美人そうな印象を受ける。間違ってもこんな顔ではないだろう。

真夜中のラヴ・レター(1)

まあ、どうみてもさやかさんという感じではない。

件名と内容が伴ってこその名作

当時も思ったが、これが創作物であるとしたら(まあ、100%創作だろうが)考えた人はすさまじい才能の持ち主だと思う。久しぶりに読んでも、本当にインパクトのあるメールだ。
狙ってやったのか、たまたまこうなったのかはわからないが、これだけ心に深く刻み込む作品(メール)ができるのは普通ではないと思う。件名だけでなく、内容も伴ってこその名作ということであろう。不朽の名作メールである。

広告