読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

talkingdoll

カメラとへんてこなものを愛するフリーランス。カメラ、映画、へんてこなどのネタをつぶやきます。

地上411メートルの高さで綱渡り。ザ・ウォークを見た。

ザ・ウォーク」を見た。

ザ・ウォーク (字幕版)

地上411メートルの高さで綱渡りするという超ド級の映画である。なんともすさまじい設定・・・と思いきや、これが実話というのだからたまらない。

衝撃の綱渡り


THE WALK - Official IMAX Trailer

どんな映画かと聞かれたら「ワールドトレードセンターの屋上にワイヤーを張り、そこを綱渡りする」というしかない映画だが、これが本当にすごい。

1974年に実際にこのチャレンジをしたのはフランスの大道芸人フィリップ・プティ。今回の映画の主役をつとめるジョセフ・ゴードン=レヴィット綱渡り指導をしている。

また、ワールドトレードセンターの屋上をつなぐワイヤーの張り方も当時と同じ形で映像化していることもあって、臨場感もすさまじい。

高所恐怖症泣かせの映画

ワタクシはかなりの高所恐怖症で、電信柱を下から見上げるだけでも足が震えるぐらいに高いところがダメである。そんなわけでこの映画は本当に怖かった。

主人公フィリップが綱渡りを覚えるところからはじまるのだが、そのシーンからして怖かった。そのへんの木と木をつないだだけで、さほど高くないところだが「落ちたらどうしよう」とドキドキしっぱなしだった。

なので、高所恐怖症の人にはすすめにくい点もあるが、いい映画なので頑張ってみる価値は十分にあると思う。ワタクシも高いところが怖くて泣きそうになるシーンが多々あったが、見てよかったと思う。いい映画だ。

デッドクリフ

さて、高所恐怖症泣かせの映画はたくさんあるが、ワタクシ的にはデッド・クリフが強烈だった。

デッドクリフ [DVD]

登山をベースにした映画だが、クライミングのシーンがものすごく怖い。というか、高所恐怖症を殺しに来ている。本当に怖い。ワタクシは足ががくがく震えて、生きた心地がしなかった。高所恐怖症の人は要注意の映画だ。心の底から「なぜ山に登るのか」と叫びたくなる映画だ。

ちなみにこのパッケージを見たら分かるだろうが、純粋な山岳モノではないから注意が必要だ。まあ、なんだ、そういう映画だ。

デッドクリフ [DVD]

デッドクリフ [DVD]

 

まとめ

ザ・ウォークはいい映画だ。映像全体の色も大変によく、彩度が高めでポップなのも見ていて心地がいい(高所は本当に恐怖だが)。実話モノとして見てもいいし、映画として見ても大変にいい出来だ。

doll3.hateblo.jp

 

広告