読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

talkingdoll

カメラとへんてこなものを愛するフリーランス。カメラ、映画、へんてこなどのネタをつぶやきます。

今年はやたらとスズメバチに遭遇する。スズメバチから身を守る方法を調べてみた。

写真

自然の多いところに撮影に行くと、スズメバチに遭遇することがある。スズメバチとは危険度MAX、最強のハチだ。見るからに殺気だった顔をしているし、何よりもでかい。ミツバチなんかとは露骨にサイズが違っていて、なんというか恐怖を感じさせるサイズなのだ。

スズメバチの特性を書くと、

・1度ロックオンすると、集団で襲ってくる。
スズメバチの毒針は毒のある限り何度でも刺すことができる
・執念深い。車に乗って逃げても追いかけてくることもある。

ととにかく怖い。

幸い、これまでに刺されたことはないが、これからはスズメバチが活発になる季節。スズメバチについてあらためて調べてみた。

黒色に対して激しい攻撃性がある

何これ、怖っ!服はもちろんのこと、髪の色、サングラスも黒はヤバイらしい。白っぽい格好がいいとのこと。それなら楽勝じゃんねと思ったが、よく考えたらワタクシのカメラは黒である。レンズももちろん黒だ。なんだかいろいろとヤバげである。

P5311911a1000

スズメバチには襲われたら身を低くして逃げるのが鉄則だ

威嚇されたら、ゆっくりと後ずさりする

スズメバチが威嚇しているときには、これ以上刺激しないことが大切。なので、ゆっくりと後ずさりするのがセオリーだそうだが、大きな動きもまずいらしい。

しかも、この「大きな動き」というのは、スズメバチにとっての大きな動きだ。つまり、人間にとってはたいした動きでなくても、スズメバチが大きな動きだと思ったら大きな動きなのだ。まるで、白いものでも先輩が黒といったら黒という世界である。ブラックやねえ。

ちなみに、人間が横に動くのは、スズメバチからみると大きな動きになるらしい。だから、後ずさりするのが正解なわけだが、人間、パニックになると何をするかわからないからねえ。後ずさり、後ずさりと覚えておこう。

スズメバチの警告に気づく

スズメバチはいきなり襲ってくるのではなく、襲う前に警告をしてくる。要はその時点でそこを去ればいいのだが、これがなかなか難しい。だって、それに気づかなかったらアウトだからね。

とりあえず、こっちをみながらホバリング、カチカチという警告音を出してきたら「これ以上寄るな」ということだ。巣の近くに来ているわけだ。

ちなみに、警告音はこんな音だ。警告音と知らなければ、何をしているか分からない音だが、覚えておかないとね。

しかし、世の中にはすごい人が


スズメバチ捕獲~観察

 なんだかいろいろとすさまじい。弱体化していても、ヤバげなオーラがある。こういうことをできる人は心から尊敬してしまう。

まとめ

スズメバチはこれまでに何度も遭遇しているが、なかなか慣れることがない。
飲みかけのジュースの缶に入ってたケースもあるらしい。・・・ていうか、怖すぎるだろそれ!

山や自然がたのしい季節。みなさんもお気をつけください。

アース製薬 ハチアブ マグナムジェット 550mL

アース製薬 ハチアブ マグナムジェット 550mL

 

 

haretoki.net

広告