talkingdoll

カメラとへんてこなものを愛するフリーランス。カメラ、映画、へんてこなどのネタをつぶやきます。

漫画

「ザ・シェフ」が面白い

このところ、Fire HD8で「ザ・シェフ」を読んでいる。 いわば料理版「ブラックジャック」だが、非常に面白い。 ザ・シェフ ザ・シェフは1話完結のショートストーリーものだ。どれも短い時間で読める話ばかりで、もう1話、もう1話とついつい読んでしまう。何…

三田紀房氏の女性キャラはいつも美しい

三田紀房氏の絵は独特の味がある。特に女性キャラは不思議な魅力がある。 ちょっと金魚みたいな顔をしているが、どうもワタクシのツボにはまってしまったようだ。この顔が美人に見えて仕方なくなってしまった。 上と同じような表情だが、氏の描く女性はだい…

「クロカン」の表紙の変化がすごい

「クロカン」を読み終わった。全27巻。面白かったなあ。 全巻を電子書籍で、Amazonのタブレット「Fire HD8」で読んだ。 Fire HD 8 タブレット (Newモデル) 16GB、ブラック 出版社/メーカー: Amazon 発売日: 2017/06/06 メディア: エレクトロニクス この商品…

Fire HD8でマンガを読むようになってからというもの

Fire HD8でマンガを読むようになってから、Kindleストアをみるのがたのしくて仕方がない。 最近、気になったマンガを紹介しよう。 男!日本海 ワタクシは、これほど「頭を空っぽにして読める」マンガを知らない。というか、作者も何も考えていないんじゃない…

三田紀房「クロカン」

このところ、Fire HD8でよくマンガを読んでいる。 今読んでいるのはこれだ。 三田紀房氏の「クロカン」だ。なんという面白さ、読み始めたら止まらないマンガである。 クロカン 三田紀房氏というと「ドラゴン桜」が有名だろう。 東大受験をテーマにしたマンガ…

ドールと猿飛佐助のこと

ワタクシは時々、中古ショップに足を運ぶ。「撮影に使えそうなモノがあるかなあ」と思って行くのだが、このところはハズレばかりだ。 どうでもいい話だが、このお店には1年以上、売れていないドールがある。 それはこれである。 「ビョル」というドールの猿…

ちばあきお「キャプテン」に感動

先日、プライムビデオで何気なく「キャプテン」を見始めたら止まらなくなった。 画像はコミックの表紙だが、プライムビデオだとアニメ版をみることができる。 タイトルだけは知っていたのだが、今回初めて見てみて、あまりの面白さに驚いた。 キャプテン 「…

平松伸二「ブラックエンジェルズ」「リッキー台風」

このところ、電子書籍でマンガを読むのにハマっている。 最近読み始めたのはこれだ。 平松伸二先生の「ブラックエンジェルズ」だ。かなり昔の作品だが非常に面白い。 ブラックエンジェルズ 「ブラックエンジェルズ」は連載開始が1981年というから、今から30…

「ナニワ金融道」全19巻を読んで

電子書籍で読み始めた「ナニワ金融道」だが、全19巻をついに読み終わった。 やはり面白い。まさに名作だ。 だが、全巻を通して読んでみると、気になる部分もいくつかあった。 後半の失速感 それまでが凄すぎたということもあるが、15巻以降はかなり失速して…

Kindle Unlimitedで青木雄二「ナニワ金融道」を読む

Kindle Unlimitedで青木雄二先生の「ナニワ金融道」を読み始めた。 何度読んでも抜群に面白い。 ナニワ金融道 実は「ナニワ金融道」は、もともと紙の本で持っていたのだが、だいぶ前にすべて処分してしまったのだ。全19冊の単行本はかなりスペースをとる。ま…

渡辺保裕「ドカコック」

今日は、ワタクシが好きなグルメ漫画を紹介しよう。 渡辺保裕「ドカコック」 まずはドカコックである。なんとも濃い表紙だが、中身もめちゃくちゃに濃い作品だ。 「旨いメシでドカ達の腹と心を満たし、必ず現場を成功に導く」と言われる男―それがドカコック…

この表紙はどうなのか

ワタクシは小説を読むのが好きだが、表紙のデザインも気になるタイプだ。 あきらかに作品のイメージに合っていないものや、「私の個性を出しました」的な表紙はどうにも苦手である。 この表紙はどうなのか たとえば、これなんかはかなり強烈だ。 子供向けで…

ろんぐらいだぁす!第11話と第12話を見た

「ろんぐらいだぁす!」の第11話と第12話を見た。放送延期や作画崩壊で話題となったアニメもいよいよ完走である。 ろんぐらいだぁす! Amazonのプライム会員向けサービスのプライム・ビデオで見たのだが、本放送から間を空けることなく公開されたのは嬉しい…

「弱虫ペダル Re:ROAD」と「劇場版 弱虫ペダル」を見た

「弱虫ペダル Re:ROAD」と「劇場版 弱虫ペダル」を見た。 弱虫ペダル Re:ROAD こちらは、テレビ放送分の総集編にプラスアルファの内容になっている。 2期の名シーンとともに、テレビでは放送されなかったエピソードが楽しめる。 よくまとまっていると思うが…

弱虫ペダル

プライム・ビデオで「弱虫ペダル」をみたら、見事にハマってしまった。 弱虫ペダル TVアニメ『弱虫ペダル』PV 名前はよく聞いていたが、実際にみてみると、その人気に納得の作品である。 熱い・面白い・心が震えるとたまらない要素がいっぱいだ。 古きよきス…

ワカコ酒を見た

先日、ワカコ酒を見た。アニメ版である。 ワカコ酒 これを見ると、お酒をのみたくなりますなあ。料理もお酒も本当においしそうだ。 1話が1分ぐらいとコンパクトなのもいい。 酒モノだからということはないが、この作品、妙に後をひく。あっという間に全話…

「ばくおん!!」は面白いなあ

ばくおん!!を見終わった。いやぁ~たのしかった! ばくおん!! 2016年4月新番組アニメ「ばくおん!!」PV第2弾/「Bakuon!!」Official Trailer Part 2 どうだろう、このパワーと勢い。 ワタクシは初っ端の口バイクと「バイクはバカにしか乗れん!」というセリフ…

食のことで怒ると噴飯男(フンパンマン)になるマンガ

昨日のブログで、土山しげる先生の描く食マンガの面白さを説いたばかりだが、1つ例外があった。 それは「怒りのグルメ」という作品である。 怒りのグルメ 主人公は、左のおっさんである。このおっさん、食のことで怒ると右の姿になる。 名前は噴飯男(フン…

ラーメンはあまり食べないが、ラーメンマンガは好き

ワタクシはラーメンはあまり食べないが、ラーメンマンガは好きである。今日はワタクシのお気に入りのラーメンマンガを紹介しよう。 ラーメン発見伝 なんといっても一番のお気に入りはこれだ。何度読んでも楽しめる。かなりディープなラーメン漫画なのだが、…

ブログのおかげでできたこと

ブログをはじめて180日ちょっと。よく続いたものである。 ブログのおかげでできたこと 自分でも驚くのは、このブログでもたびたび書いてきたが「片づけ」である。 ブログをはじめてから、最低限のスペース以外は本の山という、えげつない環境から脱却できた…

こりゃあ面白いなあ「ViVid Strike!」にハマる。

プライム・ビデオで何気なく「ViVid Strike!」を見始めたのだが、まんまとハマってしまった。これは熱いなあ! ViVid Strike! ワタクシはアニメをほとんど見ない人間なのだが、これは本当に面白かった。 「リリカルなのはViVid」のスピンオフ作品という位置…

Kindre Fire HD8の衝撃。む、むきだしっ!?

Amazonプライムがたのしすぎて、ついKindle Fire HD 8をポチってしまった。 通常12,800円のところをプライム会員だと4,000円引きで買えるのである。こりゃあ、買わない手はないよネ!というわけである。 保護フィルムの壁 ポチってから気づいたのだが、ワタ…

レンジでパスタをつくってみたところ・・・

先日、100円ショップで買った「レンジでパスタができる入れ物」を使ってみた。 こういう感じの入れ物である。これは「レンジでパスタ」という商品だが、似たようなものが100円ショップにもある。 簡単すぎワロタwww 作り方は本当に簡単で、容器にパスタと水…

駿河屋の買取で大満足の結果

先日、買取で駿河屋に送った本の査定が出た。今回は45冊で15,000円越えだ。おお!である。これは嬉しい! 予想以上の買取価格に大満足 今回はワタクシ的にはあまりいい本がなかったので、値段がついても2,000円ぐらいと思っていたのだが、驚きの買取価格だ。…

片づけ後、リバウンドしないように気をつけていること

今回は、片づけをした後にリバウンドしないようにワタクシが気をつけていることを書いてみよう。 「なんとなく」「とりあえず」で買わない 「ちょっと面白そう」「とりあえず買っておいてもいいかな」というものは買わない。そうすることで、モノが増えるこ…

気づけば本をほとんど買わなくなった

先日、ダイソーで買った「綿くずだらけのひざかけ」だが、洗ったら見事に解消した。 doll3.hateblo.jp 「なぜそんなに綿くずが」というぐらいにひどかったのだが、今はとても快適だ。フリースタイプで実にあたたかい。正座しているところにかけてもいい。最…

「漫画読破 全巻無料のマンガアプリ」を入れてみた

先日、スマホに漫画アプリを入れてみた。なんとなく試してみたくなったのである。 よくわからなかったのでとりあえず「漫画読破 全巻無料のマンガアプリ」というのを入れてみた。 play.google.com なんというラインナップ! このアプリは全巻無料で2000冊以…

最高に胸くその悪い映画「デッド・オア・リベンジ」

「デッド・オア・リベンジ」を見た。 映画『デッド・オア・リベンジ』予告編 こりゃ強烈!最高に胸くその悪い映画である。 デッド・オア・リベンジ 「デッド・オア・リベンジ」は、タイトルを見て分かるとおり、リベンジものである。 リベンジものと…

コミックビームの「緊緊急事態」宣言に思うこと

今回は雑誌について書いてみよう。先日、調べ物をしていたら、こんな記事が目に入った。 headlines.yahoo.co.jp まあ、タイトルからしてちょっと狙いすぎな記事ではあるが、話の内容自体はなかなか読み応えがある記事だ。興味のある人はナナメ読みでもいいの…

それは手帳術なのか?

それにしても、最近は手帳の位置づけがずいぶんと変わってしまったように思う。 絵日記と落書き帳とのボーダーラインがないのはいかがなものだろうか。ワタクシは自分の使い方が決まっているのでいいのだが、大マジメに手帳の使い方を考えたい人は大変だろう…

住信SBIネット銀行、他行への振込み無料ということを今さら知った

ワタクシはネット銀行口座を複数持っているが、詳しい仕様を知らないものがほとんどである。とりあえず入金や引き出し、振込ができればいいぐらいの感覚である。 そんなワタクシだが、今ごろになって住信SBIネット銀行は他行への振込み無料ということを知っ…

「SUSHI TYPHOON」の映画が面白すぎる。エイリアンVSニンジャ、極道兵器、ヘルドライバーなど名作ぞろい

今回は「SUSHI TYPHOON」をとりあげてみよう。まずはこの動画を見てほしい。 「SUSHI TYPHOON まつり」予告編 尋常でないパワーを感じていただけるだろうか。 SUSHI TYPHOONとは 「SUSHI TYPHOON(スシタイフーン)」は、今年になってゲーム業界への参入を発…

なんという美少女・・・つのだじろう先生の描く女子が好き

ワタクシは図書館をよく利用するのだが、たまにヘンなメモがはさまっている本がある。 図書館の本にメモがはさまっていると怖いよね 図書館の本にはさまっているのが買い物メモぐらいならかわいいものだが、意味不明のメモがはさまっていると、かなり気持ち…

放課後ミンコフスキー。みかんを触ったら4年後の世界にタイムスリップ

「放課後ミンコフスキー」という漫画を買ってみた。 よくわからないが、なんとなく惹かれるタッチだったのだ。 放課後ミンコフスキー 放課後ミンコフスキーは、ヤングマガジンに連載されていた漫画である。 みかんを触ったら4年後の世界にタイムスリップし…

駿河屋の買取で今ごろ気づいたこと

これまで駿河屋で何度も買取をしてもらっていたのに、今ごろ気づいたことがある。 それは、本人確認番号を登録しておくと、次からの買取がグッと楽になるということだ。地味にめんどうだった本人確認が自動化されて、本当に楽になるのでオススメだ。 3D ギア…

私、バカだ・・・部屋を片付けなければならないのに。それと、ほんの少し「青空エール」の話

先日、こんな記事を書いたが非常にまぬけなことに気づいた。 doll3.hateblo.jp フィギュアといわれるものを買ってみたわけだが、とにかく箱が厚みがあって大きいのだ。古いところでいえば、セガサターンの箱を2つくっつけたぐらいのサイズがある。本ならモ…

「サムライ(刀子)アナザーカラーVer.」がやってきた。

暑い時期は外での撮影は大変なので、なんとなくAmazonをみながら室内で撮れそうなものを探していた。 最初はミニチュア細工でもと思っていたが、気づけばこんなものを買っていた。 「サムライ(刀子)アナザーカラーVer.(1/7スケール)」だ。最初に言ってお…

アニメにはちっとも詳しくないが、「中二病でも恋がしたい!」とか「Fate」とか見てみた。

ワタクシは洋画専門だが、なんとなくアニメも見たいなあと思うことがある。そんなわけで最近見た作品を書いてみよう。先に言っておくが、ワタクシはアニメにはちっとも詳しくない。」 中二病でも恋がしたい! 画像は書籍のものだが、見たのはDVDだ。とりあえ…

安眠のおとも。ワタクシが寝る前に読んでいるマンガたち

寝苦しい季節がきた。今日はワタクシが寝る前に読んでいるマンガを紹介しよう。これを読んでワタクシは安眠している。 酒のほそ道 酒のほそ道(39) (ニチブンコミックス) 作者: ラズウェル細木 出版社/メーカー: 日本文芸社 発売日: 2016/06/18 メディア: コ…

ブタメンのキャンペーンサイトはどうにかしている

「だがしかし」を読んでからというもの、駄菓子のことが気になって仕方がない。 だがしかし(1) (少年サンデーコミックス) 作者: コトヤマ 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2014/12/08 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (28件) を見る 「だがしか…

カメラ・写真をテーマにしたオススメの漫画を紹介するよ【2016年】

今回はカメラ・写真をテーマにしたオススメの漫画を感想つきで紹介します。7作品いきます。 閃光少女(あさのゆきこ) 写真家志望だった濱野はふとしたきっかけで高校写真部の顧問をしぶしぶ引き受けることになる。写真に対してそれぞれの形でひたむきなヒ…

広告