読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

talkingdoll

カメラとへんてこなものを愛するフリーランス。カメラ、映画、へんてこなどのネタをつぶやきます。

1冊の「ふせんノート」で人生は、はかどる

先日、図書館でこんな本をみかけたので読んでみたが、これはひどい・・・。 タイトルからして貼り合せ・・・というか、語呂悪いな、おい! 1冊の「ふせんノート」で人生は、はかどる どうみても地雷という感じだったが、せっかくなのでそのまま図書館で読ん…

ふせんはのりが残るので、本によくない

以前、ふせんはのりが残るので、本にはよくないという話を聞いたことがある。 「え、そうなの!?」と思ったが、長い間、ふせんを貼りっぱなしだった本から剥がしてみると確かにぺたぺたする。 それを知って以来、ワタクシは貼る本を選ぶようになった。 ふせ…

キャンパスノートのA6サイズ

お題「お気に入りの文房具」 最近のワタクシのお気に入りは、キャンパスノートのA6サイズである。 105×148mmというコンパクトさが気に入っている。 使い方 いつも机の上において、Todoリスト兼メモ帳として使っている。 見開き2ページを1日分として、左に…

日記の書き方を考える

少し前から書き始めた日記が続いている。今まで日記をつけようと思ったことは何度もあるが、ここまで続いたのは初めてだ。 日記 日記といっても、ワタクシの場合、特別なものに書いているわけではない。使っているのはツバメノートである。 ワタクシは日記の…

ツバメノート

先日から、ツバメノートを使っている。書いていて本当にたのしい。表紙がいいだけで、ここまで気分が変わるものかと思った。 ツバメノート ツバメノートは、ちょっぴりクラシカルな表紙がまったくもってステキなノートである。紙の質もいい感じで、万年筆で…

やっとこさ2017年の手帳を使い始めた

やっとこさ2017年の手帳を使い始めた。手帳を買うのはいつも早いのだが、切り替えるタイミングがどうにも苦手なワタクシである。 手帳術とか 以前は、この時期になると、新しい手帳術をはじめてみるぜ!なんて気になっていたのだが、まあ、結局は自分が使い…

ペン立てを減らしてみる

ワタクシの部屋にはペン立てがいくつもある。 5つだったり6つだったり、微妙に増えたり減ったりしているわけだが、今日はそれを整理してみることにした。 「必要十分生活」で読んだ「ペン立てはいらない」の衝撃が残っていうちに、取り組んでみようという…

カクノの話とかサラサの話とか

先日、カクノを買ってみた。 カクノとは、デザインがちょっとかわいい万年筆である。ターゲットはお子ちゃまらしいが、そういうことを気にしなければ十分に使える万年筆だ。 カクノ 書き心地は大変にいいのだが、ワタクシはこれ系のネーミングがどうも苦手で…

手帳術って何だ?「手帳鼎談」シリーズが面白い

今回は、ワタクシが最近読んで面白かった本を紹介しよう。 手帳術って何だ? 手帳鼎談 まずはこれである。 文具王・高畑正幸氏、手帳王子・舘神龍彦氏、小物王・納富廉邦氏が、手帳について語りまくる1冊だ。 ページ数はさほど多くないが、内容は驚くほどデ…

「なければないで済む」が少し分かってきた

片づけを始めて、なんとなくわかってきたのは「なければないで済む」ということだ。 片付けの本では散々言われていることだが、はっきり言って別次元の話だと思っていた。ワタクシは「そうそうわかるよ!」と言いながらも(言っていることが分かるってだけで…

そもそもなぜ本の山ができるのか

今、「箱詰め片づけ法」で大量にある本を片づけている。 doll3.hateblo.jp さて、ワタクシの部屋だがとにかく本が多い。今年に入ってから1000冊以上処分したが、まだまだ本の山が乱立している。 今回は本の山についてだ。 そもそもなぜ本の山ができるのか 本…

一行でも気になった部分があったら買う

ワタクシは今年に入ってから1000冊近くの本を処分したが、部屋にはまだたくさんの本がある。片づけをまだまだ頑張る必要があるのだが、そもそもなぜこんなに本が増えたのか、である。 ブログを始めたころは500冊ぐらい捨てたところだったから、ここ数ヶ月で…

最近、トラディオ・プラマンが気に入っている

最近、気に入っているペンがある。それはぺんてるの「トラディオ・プラマン」だ。 「万年筆のペン先をプラスチックで」というコンセプトで開発されたペンで、書いていて大変に気持ちのいいペンだ。 力加減で自在に強弱がつけられる トラディオ・プラマンは「…

それは手帳術なのか?

それにしても、最近は手帳の位置づけがずいぶんと変わってしまったように思う。 絵日記と落書き帳とのボーダーラインがないのはいかがなものだろうか。ワタクシは自分の使い方が決まっているのでいいのだが、大マジメに手帳の使い方を考えたい人は大変だろう…

キャンパスノートが好き。ノートについて語ってみる。

最近はA6ノートに日々のToDoを書いている。これが実に便利だ。 使い方は非常にシンプルで、1日1ページを使い、ToDoを黒のボールペンで書く。クリアしたものにはピンクのペンで横線を入れる。あいているところはメモ欄だ。 コクヨのキャンパスノート 使って…

あらためて、ダイソーは文房具の宝庫だなあと思った。

久しぶりにダイソーに行った。あらためて、ダイソーは文房具の宝庫だなあと思った。 何が飛び出すか分からない面白さ ダイソーの文房具コーナーは実に面白い。中でもワタクシが好きなのは、ノートやメモのコーナーだ。オリジナルのものから、どこかのメーカ…

片づけのポイントは「スペースを広くすること」かもしれない。

このブログの最初の記事は「片づけネタ」だった。 doll3.hateblo.jp 相変わらずせっせと本を処分しているのだが、ちっとも部屋が片付いた気がしない。 原因はおそらくスペースだ。スペースを広くする片付け方をしていないのだ。 スペースを広くする片づけ方 …

「本当にそれが好きな人たち」がいられる世界

「なんか違うなあ」と思うことがある。 先日、文房具にハマった時の話を書いたが、文房具への純粋な興味というよりもノリが違うなあという人たちが多いことに気づいた。 手帳なんて最たるものだろうけれど、「『手帳の使い方を見せる』ための使い方」になっ…

ノートってどうやって処分したらいいんだ

今年のはじめごろ、やたらと文房具にハマっていた。きっかけはノートカバーだった。 コクヨ カバーノート システミック B5 紺 A罫 40枚 ノ-653A-4 出版社/メーカー: コクヨ 発売日: 2009/08/03 メディア: オフィス用品 クリック: 7回 この商品を含むブログ (…

広告